• ホーム
  • いざというときに効かないかも!確認しておきたいシアリスの持続時間

いざというときに効かないかも!確認しておきたいシアリスの持続時間

2019年11月19日
黄色のカプセルが乗っているスプーン

シアリスの大きな特徴は36時間の持続力で、ED治療薬の中では持続時間がかなり長いということになり、36時間はバイアグラの4時間やレトビラの4?8時間に比べて桁違いに長いです。効果は夜に服用して次の日は1日中と、その翌朝まで持続することになり、この場合は他の治療薬であれば2回服用する必要があります。

シアリスの場合はこれは1回の服用で叶うということで、圧倒的なロングパワーが大きな人気のポイントになっています。発売時期が国内ではバイアグラよりも8年遅く、クリニックでの処方のシェアはすでに拡大しているED治療薬です。36時間の持続力効果は、長時間勃起しているということではなく刺激があれば勃起するという作用なので日常生活には支障がありません。

射精をすることで通常の状態に戻りますし、その後は勃起しやすく、持続しやすい状態が続くということです。服用中の飲酒は多少であれば問題がないですし、逆にリラックス効果を得ることができるのでプラスになります。しかしアルコールはEDの原因になることも事実で、飲み過ぎればシアリスの効果が大幅に減っていきます。また食後で満腹になっていると効果が出にくいので、食事をした後1時間ほどあけてから服用することで、吸収がよくなり早く効き目が出ます。シアリスには10mgと20mgがあり、海外では高容量20mgの使用が主流になっていますし、よく効いて使いやすいということでリピーターが多いことも事実です。

前日にシアリスを服用し、翌日の24時間後に他の治療薬の高容量を服用すればさらに高い効果が出るとされています。どの治療薬を用いてもあまり効果が出ないという人は、他の薬との合わせて試すことができます。またシアリスはアメリカの製薬会社で開発されてから、2003年から発売されているので、すでに世界でも100カ国・1千万人以上の人が使用している特徴があります。世界的には他の治療薬と並ぶ3大ED治療薬の1つとなっていて、日本国内では2007年に発売されています。

この持続時間が大きな特徴で、ウィークエンドピルとも呼ばれるほどで、これは週末に服用してずっと効くという意味合いがあります。性行為をする時間に合わせて事前に服用する必要がなのでとても使いやすいですし、生活の一部として取り入れている人もいます。金曜日の夜に服用しておけば、そこから週末は時間を気にすることなく活躍し続けることができ、とても便利です。

関連記事
ED治療薬として有名な「バイアグラ」と「シアリス」はどこが違うのか比較

バイアグラとシアリスを比較すると有効成分の違いがはじめに挙げられますが、バイアグラ50mgは有効成分でシルデナフィルクエン酸塩70.23mgのうち、シルデナフィルとして50mgを含有しているのが特徴です。シアリス20mgは有効成分でタダラフィルが20mg含有されていて、添付されている解説から両方の薬...

2019年12月25日
ツボはED治療に効果がある!場所や押し方のポイントなどを解説します

ツボはED治療に効果があるとされ、特に大きく体を動かすような運動が行えない人は、指先で簡単にできる改善方法があります。忙しくても仕事の休憩時間や食後のリラックスタイムに、少しの時間で行うことができるのでED治療も身近なものになります。ツボ押しで男性機能を回復させることができ、ツボは体のあちらこちらに...

2020年01月13日
車の運転は危険など!シアリスの知られていない副作用とは

シアリスは服用することで頭痛や顔の火照りなどの副作用があらわれることがあり、これは血管を広げる作用によって起こるので効果があらわれ始めた証拠にもなります。その他の副作用には消化不良や鼻づまり・動機や倦怠感・筋肉痛などがあり、数時間でこの症状が治れば特に気にすることはありません。症状が治まらなかったり...

2019年12月09日
間違えたら大変なことになる!シアリスの正しい飲み方を説明します

シアリスは効果が顕著に出やすい薬なので、飲み方を間違えることで効果が出なかったり、副作用が出たりというトラブルが発生するので正しい飲み方をすることが大切です。シアリス錠は性行為の3?4時間前を目安にして水で服用しますが、水がその場にないときはお茶やアルコール・清涼飲料水でも問題ないとされます。それぞ...

2019年11月04日